読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

スーパーメンチ ‐時代をプロデュースした男!‐ 評価 レビュー 感想★★★★

f:id:gyaro311:20160717111659j:image

7月16日から新宿シネマカリテで開催される「SXSW FILM TOKYO」で、先陣を切って上映される話題作!

一足先に見てきました!!!

ドキュメンタリーではありますが、冒頭から怒涛の展開・・・

事実は小説より奇なり。奇なりです。

出てくる人も、スターばかりとあって、圧倒されっぱなしでした。

最後はやや疲れを感じるぐらいの怒涛さ・・

あまり、アメリカのエンタメに詳しくないのですが、詳しい人ならなおさら、圧倒されてしまうと思います。

「スーパーメンチ」を日本語に訳すと「超偉人」。確かにこんな人が実在するのだ、、と驚かされました。

スティーブ・ジョブズが突然登場したり、その人生の巡り合わせにも、驚かされます。

米国エンタメ界の「仕掛け人」のお話なので、試写の案内には

「クリエイターやマーケティング担当は見逃せない!」・・・という謳い文句もありましたが、

いやいやいやいや、見たところで、マネできるものでは決してありません。

これは手法や、ハウツーの話ではなく、ある天才の狂気の人生のお話なのです。

むしろ、「まねるな危険!!」です。

天才、、とくにアートや、エンターテイメントの巨人というのは、

純粋さと狂気が、どこまでも裏腹の関係なんだなと。

信じて、疑わずに、または諦めの境地に達して、

どこまでも行ってしまう人が、天才なんですね。

そして、あくまでも、やさしいんです。改めて思いました。

やさしくて、純粋で、それでも生き残っていることが、一番すごいのかもしれません。

彼はものすごくたくさんの人と関わり、たくさんの人を「家族」だと考えて、とことん付き合います。

それは彼、シェップ・ゴードン自身が、生涯の伴侶や、実の子どもに恵まれなかったこととも、裏腹の関係にあるのでしょう。

そこに天才ならではの、孤独や、切なさを感じずにはいられません。

ドラッグ、有名にすること、稼ぐこと、そして、それらでは満たされないこと、ハワイ、料理、仏教・・・

全く型にはまらない「破天荒」な生き方があるんですね。

そんな人生を、少しでも垣間見ることができるのは、映画の大きな魅力の一つだと思います。

そして、裏方の人であっても、突き抜ける人って、やはり、見た目も存在感があって、魅力的で、セクシーなものですね。

見終わったときの、最初の感想は・・「すごくおもしろかった!んで、すごく、つかれたー!」でした。

間違いなく、おすすめです!