読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

SCOOP! 評価 感想 レビュー ★★★

f:id:gyaro311:20161002120627j:image

期待通りに楽しめる作品。

今、週刊誌がスクープ連発で再び存在感を示す中で、

“文春に負けじ”とばかりに、

スクープで復権を目指す写真週刊誌というのが、

今っぽいし、リアル。

スクープを狙うノウハウも興味深い。

映像は切れ味があり、パリっとしてる。

ネタがネタだけに東京の「夜の顔」の切り取りが的確!

役者さんがそれぞれハマリ役で、魅力全開。

二階堂ふみさんは、今の駆け出しの

記者・編集者として本当にいそう。

それなりにいろいろ分かってしまっていて、

それ故に、いつもモヤモヤしている。

良い出会いがあると一気に成長したりする。

その感じが凄くリアル。

福山雅治さんも居そう。なりきってる!

存在感半端ない。

吉田羊さん、カッコいいし、居なくはない。

たぶん仕事できない記者には容赦ないタイプ。

リリー・フランキーさんも安定の⁉︎の怪演ぶり。

背景は謎ばかりでも、あまり疑問に感じさせない!

 

もう一声だと感じてしまう部分は、

話を転がし過ぎ。欲張り過ぎかな、という部分。

題材が良いからこそ、もっと前半〜中盤を、

じっくり見せる形にしてもらいたかった。

 

人を「撮る」ことは難しい。

ある意味「暴力」だから、迷いがあれば撮れない。

一方で、人を撮るわけだから、

人の心理には敏感でなければいけない。

それが道義的な動機であろうが、なかろうが。

その辺りで「中年パパラッチ」のリアルな哀愁に、

もっと共感したかった、と思うのは欲張りか… 

 

もちろん、その雰囲気はよく出ていて、

そんなに難しい話ではないので、

分かるといえば分かる。

実は、事情に詳しい人ほど楽しめる映画かも。 

 

「現場」のシーンの面白さや、軽妙な会話から、

際どい仕事の雰囲気を、楽しく堪能できます!

「野球ネタ」ツボでした。