読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

美女と野獣 吹替版 評価 感想 レビュー ★★★★

f:id:gyaro311:20170506161822j:image

小学生の娘のリクエストで吹替版を鑑賞。

誰もが知る物語であることを逆手に取り、

この映画ではストーリー上の、

細かな整合性を合わせることよりも、

夢の世界の再現や、

そこで楽しむことに振り切っている。

細かな描写よりも、大胆で、ダイナミックで、

華麗な動きづくりに心血を注いでいる。

その世界観を実現するための中核が、

エマ・ワトソンさん、という感じ。

大人になっても、誠実そうで、

芯が強そうな目力は少しも衰えず、

独特の華があり、かのハリポタシリーズも、

やはり彼女あってこその人気だったのだと、

改めて、存在の強さを思い知らされました。

 

吹替版で良かったのは字幕を追わないため、

映像の放つ世界観に没入できること。

一方、エンドロールで原曲が流れると、

その力強さに初めて気付くといった感じで

一長一短あるかなと思いました。

そんなに難しい話ではないのと、

やはり歌が多いので、ある程度、

耳で英語のセリフや歌詞を楽しめる方は、

当然ではありますが、字幕版をオススメします。

 

最後に時節柄、世界中の人、

特に子どもが見るディズニー映画は、

これからも、今作のように、

多様性の美しさ、多様性への寛容さを

訴え続けてほしいと心から思いました。

f:id:gyaro311:20170506180733j:image