読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

タレンタイム 優しい歌 評価 感想 レビュー ★★★★

f:id:gyaro311:20170325192053j:image

8年越しの日本公開!

舞台挨拶ありとのことで、

初日初回を観てきました!

瑞々しくて、どこか懐かしい、

どこまでも優しい映画でした。

最初はストーリー進行が独特で、

違和感もあったのですが、

見進めていく内に、ストーリーと意識が

ビタッと合致。

すると、その世界観に引き込まれ、

すっかり浸り始めた時に幕が下りた感じでした。

 

↓ 舞台挨拶で話す歌手のアディバ先生

f:id:gyaro311:20170325195716j:image

 懐かしさの所以はどこにあるのか。

舞台挨拶の時にチャンスがあったので、

ヤスミン監督が影響を受けた監督は誰か、

聞いてみました。

アディバさんは「知らない」とのこと

でしたが、司会の方が、

ヤスミン監督が好きな映画は、『街の灯』。

好きな監督は・・・

山田洋次さん、小津安二郎さん、

ウォン・カーウァイさん、

アッバス・キアロスタミさん

ときたので、すごく納得。

正にそれらの監督が持つ特徴が

ところどころで感じられました。

 

なんとなくジグザグ道が出てくるけど、

デートの描き方はすごくおしゃれ。

各家庭の描き方が、すごく優しかったり、

親に威厳があってシリアスだったり。

また、あるあるという細かい笑いを

随所に織り交ぜていたりと、

アジアの巨匠たちの感性が、ゆるーく、

適度にミックスされている感じ。

他民族国家のマレーシアならではです。

それが瑞々しくて、懐かしい、

あの感じの正体かと、凄く納得しました。

f:id:gyaro311:20170325192137j:image

↑ 舞台挨拶後も映画館外で客と話すアディバ先生

 

アディバ先生は、劇中、

マツコ・デラックスのような存在感。

拍手を促すしぐさがツボでした!

 

しかし、映画×音楽の力は素晴らしい。

ギターソロと二胡のセッションはもちろんですが、

歌えなくなる彼女と、喋りすぎた?彼の

シーンは映画好きなら思わず唸る

傑出したシーンかと思いました。

映画と音楽に乾杯であります。