読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

弁護人 評価 感想 レビュー ★★★★

f:id:gyaro311:20161121093127j:image

 大手建設会社のトップが、

ソン・ガンホさん演じるソン・ウソク弁護士に対し

「今の韓国が真の民主主義を求めるのはまだ早い。

もっと中産階級が育つのを待たなければ」

と諭したのに対し、

ソン弁護士は

「私はカネの問題だとは思わない」と拒絶し

独裁体制と闘う決意を新たにする

シーンが最も印象的でした。

 

今の時代を生きている大人の責務は、

今、起きている問題を解決するために動き、

次世代になるべく先送りしないことだと、

明確に示したからです。

 

実際に、もしカネの問題なら、

いま中国は徐々に民主化に向かっているのか?

かつて民主化運動が弾圧され、

その後に、新たな闘いが続かなければ、

GDPで日本を抜いても、一党独裁は揺るぎません。

格差があるからとか、いろいろ言い訳できても、

結局は勝ち取らない限り、民主化しないのです。

 

今、解決することが難しい問題は山ほどあります。

今、解決に動いたら、何かがクラッシュする。

何らかの危機が起こる。または抹殺される…

恐ろしいことなのですが、

それらの問題のほとんどは先送りしても、

自然治癒してくれません。

 

ただ今の痛みや動揺、恐怖を避け、

言い訳をし、

次世代の痛みや恐怖に対しては、

目をつぶっているのと同じです。

 

結局、いつか、誰かが、その責任感から

クラッシュさせなければならないのです。

そして基本的には、先送りすればするほど、

クラッシュの衝撃は大きくなると思います。

 

その点、減刑ではなく、

あくまで有罪・無罪を争った

ソン・ウソク弁護士の次世代に対する

責任感は素晴らしいと思いました。

後に大統領になったノ・ムヒョン氏を

モデルにした話と鑑賞後に知り、

なるほど!と思いました。

 

朴大統領の問題で韓国が揺れている今観るのが、

イムリーだと思って見ましたが、

皮肉にも、鑑賞後まず思い浮かべたのは、

一向に解決に向けた動きが皆無な

日本の財政問題でした…

 

映画は、シナリオがやや緩くて、

消化不良なシーンも所々ありましたが、

真っ直ぐ過ぎるメッセージ性と

ソン・ガンホさんの熱演が印象に残る

良作だったと思います!