読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

【レンタル】海街diary 評価 感想 レビュー ★★★★

f:id:gyaro311:20161023002002j:image

今年は見る邦画がみな後悔しないものばかり。

これまであまりに見ていなかったので、

今年が豊作なのか、これまでも充実していたのか?

分からない!ということで、

タイトルだけは聞いていた話題作を今さら鑑賞。

個人的に“邦画祭り”になっています。

 

本作は、最初のお父さんの葬式の一連で、

既にグッときてしまい、

以降、4人の女性が織りなすストーリーに、

グイグイと引き込まれていきました。

自分に娘ができてから、この手の話に弱い、

いうのもありますが、

登場人物を、そっと優しく見守るような視点。

家族に起こることを、訥々と描く姿勢。

突然、突拍子のないことは起こらないという安心感。

だから、細かな心情描写に感情移入しやすい。

これは、何処かで見たことあるような感じ……

あっ『秋刀魚の味』だ!『東京物語』だ!と

思いました。

 

そこから、この映画は、

“今をときめく女優さんの魅力をフル活用して、

現代に小津安二郎の世界を蘇らせようとした作品”

と勝手に定義し、勝手に比較して見てました。

 

古民家の居間。

庭があって、縁側があって、卓袱台あって。

朝食のシーンが何回かあって。夜酒盛りしてたり。

居間を中心に、四姉妹の暮らし、

積み重ねていく時間を丁寧に描いているのが、

小津作品を思い浮かべた、最大のポイントでした。

家に帰ってきた!という時の玄関の描き方も、

それぞれ印象的で、同質のシーンな気がしました。

 

女優の魅力をフル活用…は、

長澤まさみさんの美脚を舐めるようにドリーしていく

ファーストカットや、

広瀬すずさんの魅力の描き方の執念深さ。

全編通して美しいものを、美しいものとして

描きたいという、執念を感じました。

逆に綾瀬はるかさんは、終始抑制的で、地味。

あれだけ地味な演出でも耐えられる所が、

凄味かもしれませんが。

ストーリー中、伏線をはったものの、

結末があっさりしているものがいくつかあり、

勝手な想像ですが、

実景や、女優さんの美しさの表現に尺を割き、

落としたシーンも大分あるのではないかと…

だとすれば、個人的には非常に共感できる部分で、

是枝監督の出自がドキュメンタリーだったこととも

無関係ではないと思います。

 

もちろん小津映画とは違う部分もあり、

小津映画ならFIXのカットが

微妙に動いていたりして、現代風。

重要なモチーフとなる「食」は、

梅酒や、しらすは小津映画ぽい(笑)

気がしますが、

アジフライやカレー、ポテトサラダなんかは、今風の「和」かと。

 

勝手な小津映画との比較で、さらに言うと、

惜しむらくは、キレがやや欠けたかなと思いました。

生活の中にある、ある種の「毒」みたいなもの。

母が、いきなり自宅の売却を切り出すとか、

うるさ型のおばあさんとか、

提示されてはいたのですが、

もう少し、日常の厄介ごとに、

ピンと張り詰めたような緊張感があると、

より味わいがあったかと。

でも個人的に、こういう優しい映画、大好きです。

順番逆ですが、最近見た邦画が

刺激的な「毒」のオンパレードだったので、特に。