読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

淵に立つ 評価 レビュー 感想 ★★

f:id:gyaro311:20161011172211j:image

見ているのが、しんどかった。怖かった。

暗澹たる気持ちで、

まだ続くのか…と思いながら見ていた。

人の劣情を、容赦なく炙り出すこの映画は、

見ていて、常に息苦しく、目を背けたくなる。

最初はなんとなく今村昌平監督の『うなぎ』を

思い出しながら見ていたが、全くの別物だった。

『うなぎ』も、人の暗部を照らし出したが、

その中で人は「性」や「生」に執着していた。

登場人物は、不器用ながらも、生きようとしていた。

翻って、この作品が提示したのは絶望だと思う。

家族という最小単位の人間関係を否定し、

人の暗部以外の感情を映し出すことを、

徹頭徹尾、拒絶した。

重要なことについて何も説明しようとしなかった。

役者は素晴らしく、その難しい要求に応えたし、

それを実現するためには、緻密な構成だった。

ただ、説明されなければ、人は不安になり、

隔絶が絶望に行き着くのは、

当たり前のことだと思うのだ。

最後に唯一、表現された感情や、

「繋がり」による顛末には怒りすら覚えた。

人のある側面を、剥き出しにし、

観客を絶望のどん底に陥れたという意味では、

この映画はかつてないほど成功し、

ある種の「芸術性」を有したのかもしれないが、

私のキャパシティの範囲内では、

積極的に知覚したいような気づきは得られなかった。

むしろ、それは知ってるよ、と思ってしまった。

ここまで怒ってしまうという意味では、

それだけ感情が揺さぶられているわけで、

ある意味「凄い映画」なのだと思うし、

制作陣は独創的なセンスで、

それをやり切ったわけです。

でも、映画の芸術性って、もっと大きくて、

もっと包容力があるものだと信じたいのです。