読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

【レンタル】ちはやふる 上の句 評価 レビュー 感想 ★★★

f:id:gyaro311:20161009230323j:image

最近、小学校で百人一首を習い始めた

娘のリクエストで鑑賞。

恋愛を巡る曖昧な感情表現の意味を

娘に単純化して解説しながらの鑑賞でしたが、

思いの外、良い作品でした!

 

広瀬すずさん、真っ直ぐな演技させたら、

他の若い女優さんは歯が立たない存在感では

f:id:gyaro311:20161010002827j:image

目力が凄まじく、アップにされると

吸い込まれそうになります。

これが劇場だったらと思うと、ゾッとします。

今後、どのような成長を遂げていくのか、楽しみです。

 

映画のテーマは和歌。原作は漫画。

広瀬すずさんの和服姿と制服姿。

これぞ日本。これぞ「和」の映画だと思いました。

 

日本文化の真髄は、

限定された時間・空間における刹那の輝きにあり、

即興の美しさと儚さが

「いとをかし」なのだと思うのです。

 

字数が決められた短歌に込める思いと、

それを解く人の感受性や閃き。

浮世絵の分かりやすさとカラフルさは漫画に通じ、

漫画は限られたコマの中で絵が踊り、

吹き出しの枠内に“分かる”コメントがつく。

また、カルタ競技の中の、礼儀と姿勢。

一瞬で決まる勝負。

日本人以上に、世界の人に、魅力的に映る世界では。

 

そして、日本映画は少しコミカルなのが

本質的な魅力なのかなと思いました。

また、日本人はやはり、

平和を愛する民族なのだ!と強く感じました。

平安時代からのメッセージか⁉︎

 

下の句も見ます!