読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

ハドソン川の奇跡 評価 レビュー 感想 ★★★★

f:id:gyaro311:20160923234912j:image

公開初日0時からの回、観てきました!

f:id:gyaro311:20160923235255j:image

正直ビートルズとかなり迷いましたが、

寝不足気味なので、今回は時間が浅い方に。

観てまず思ったのは、

大御所、クリント・イーストウッドだから、

撮れた映画だ、ということ。

奇をてらわず、ただただまっすぐに

見せるべきものを、見せるべき順番で、

丁寧に、見せていく。 

観るものにも多少の我慢を強いながら…

次第にストーリーの骨が浮かび上がる。

まっすぐに進んできたから、

そのメッセージは、太くて、力強い。

 

ストーリーは主に、奇跡の不時着をした後の、

機長の心の葛藤を描いている。

機長は何度も、

自分の選択がもたらしたかもしれない

最悪の結果を思い浮かべる。

表情は総じて優れない。

機長の判断は本当に正しかったのだろうか?

一体どういうつもりだったのだろうか?

ストーリーは想像していたよりも淡々と進む。

調査が進んでいく中で、

説明的な描写は抑制されている。

実際の出来事を描いているから、

事実に忠実に描いたんだろうな、、

なんて思いながら、ジッと観ている内に、

ハッとする。

そうだよね!と。

にんげんだもの!って。

まさかの、相田みつをさん登場です。

人のすることなんて見方によって、

どっちにも見えるよねと。

それが例え自分のことでも、

分からないことだってあるよね。

時と場合によって、どっちにもなるよねと。

それからは、これは伏線とか、

ゴチャゴチャ考えながら見るのをやめて、

ただただ、本当のことを知りたいと

思って見ていました。

そして、その答えが、、、

そうそう!私たちは機械じゃない。

にんげんだもの‼︎と。

今まで見てきたファクトが一気に繋がり、

あの時、だから、あなたは

真っ先にそこに行ったんですね!って。

 

なんのこっちゃ?という感想ですが、

金曜日の仕事終わりに観た映画として、、

凄くいい読後感です。おすすめします!