読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

君の名は。 評価 レビュー 感想 ★★★

f:id:gyaro311:20161012035006j:image

他の映画を見ようと思っていたのですが、

スケジュール的に見れなくなってしまい、
レビューサイトの評価が総じて高かった、

この映画を鑑賞することにしました。

映画は、息をのむような映像の美しさ。
都会と田舎が交互に、対極的に出てきて、
それぞれが本当に美しいと感じました。
既に芸術の域だと思います。

シナリオも、説明し過ぎずに、
観客にどうなってるんだろう?と思わせながら、

ストーリーが動いていくので、考え過ぎずに、
感情移入していくことができます。
凄く良いシナリオだと思いました。

ただ、個人的にはいくつか違和感も…

一つは歌。

この映画のためにつくられた歌でしょうし、
いわゆる日本のアニメ的な表現としても、
受け入れられている手法なんだろう、と思うのですが、
個人的には、やはり気持ちが昂ってきそうな時に、
歌に先行されて、煽られると、どうしても覚めてしまいます。
まして歌詞付きだと、更に見ている側の思いを規定されてしまう気がして…

ただ、こういう音楽の使い方も含めて、
多くの人に受け入れられているのだとも思います。

もう一点は、シナリオ的にですが、
あの二人が、最初に繋がった理由は、
あまり重視されていなかったことが、
少しだけ気になりました。

映画の冒頭で、遅れてきた人が横切ったりして、
集中できなかったから、尚更かもしれませんが・・・

2人を結ぶ「紐」は、2人が交錯した結果なので、
2人が交錯したきっかけは、やはり
『来世は都会のイケメンにしてください!』という
三葉の願い、ということになります。


なぜ、その相手が瀧だったのか・・・ということは、
よくわからないままだったので、
三葉が神社の娘で、巫女もやっている娘なので、
そういうことも起こり得るんだ!と納得するしかないかなと。

おそらく監督は、敢えてそこには重きを置かず、
観客の多くも、そこは求めていないんだろうな・・・と思いますが、
個人的には、父しか出てこない、瀧の家族設定など、
もう少しだけ説明してほしいな、なんて思ってしまいました。

でも、まぁ偶然結ばれ、その「結い」が次の大展開や、
愛を生んだ、ということで良いのでしょう!きっと。

もう一つ、

最後に、瀧と三葉が、運命の再会を果たすのですが、
もし、日常よくある既視感、デジャブとか、
説明がつかない「結びつき」みたいなものをテーマにした作品であるならば、
三葉と瀧は、再会しなくて良いんだろうな・・・とも思いました。
その方が、「結い」のストーリ―がリアルになるかと・・・

 

ただ、再会の一連のシーンは、

東京の日常の中で、凄くハッとさせられる見せ場でしたし、

この映画を、この映画たらしめている一連のシーンでしたので、

やはり不可欠なものだったと思います。
観客のほとんどの方も、2人が再会できることを祈っていたでしょうし。

美しい映像、盛り上がる音楽、
良くできていて、かつ受け入れやすいストーリーを突き詰めて、

ビジネス的な成功も考え抜くことが、

娯楽が多様化する中で、ヒット映画を生み出すためには、必要不可欠なのだ…と感じました。