読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新映画見てきました!

最新映画を中心に感想を書いていきます。評価は★の数で!自分が満足しそうな映画を中心に見て、その中での相対的な評価ですので、基本的に★★★以上はおススメです!

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争 評価 レビュー 感想★★★★★

f:id:gyaro311:20160902161005j:image

 

徹夜仕事の後に見に行ったら、
思い切り泣かされて、
もうフラフラです。

見始めた時は『ライフ・イズ・ビューティフル』みたいな映画かな…という印象。

 

でも途中から、その印象はスーっと消えていきました。

 

映画館でこんなに泣いてしまったのは、個人的には『セントラル・ステーション』を見て以来かと。

 

異端な要素が3つ揃った時に、こういう珠玉のストーリーが生まれることが多いと思います。

主人公ペッパー君は、成長障害なのか、身体が極端に小さい。
太平洋戦争中に、アメリカの町で唯一?の日系人、ハシモトさん。
そして、この日米の戦争が、メキシコ出身の アレハンドロ・モンテヴェルデ監督の目線で描かれたこと。

こういう本当に見応えある作品に出会うのは、やはり単館系が多い気がします。

 

まず素晴らしい脚本があり、
主人公ペッパー君を演じたジェイコブ・サルヴァーティ君や、
ハシモトさんを演じたケイリー=ヒロユキ・タガワさん。
母親役のエミリー・ワトソンさんなど
打ってつけの演者がいて、
監督の世界観をスクリーンに再現仕切るスタッフがいる。

 

こういう映画が世に送り出されること自体が、一つ一つ、奇跡なんだろうなと思いました。